トップ

住まいの買い替えについて

住まいの買い替えには、現在住んでいる家の売却と、次の家の購入のタイミングが重要なポイントになります。同時に進行するのが理想的ですが、現実には難しいものです。うまく進めるためには、現在の住まいの実勢価格を知ることです。次に購入する家の価格が、現在の家より安ければ問題ありませんが、逆に高価な場合は、自己資金や組めるローン額をよく検討して、無理をしないで購入できる限度の物件にします。売却には手数料がかかります。それに伴う引越しや、新居で買い足す物の費用も馬鹿になりません。住まいの買い替えは、売却を焦らず、資金に多少のゆとりを持って、進めることが重要です。

マンション大規模修繕工事に活躍する移動昇降式足場リフトクライマー。
超高層ビルや高層マンションの修繕に!解体・施工が安全で、工期も短縮できます。

買い替えはタイミングが大事!

住宅ローンが既に終わっている場合は、新しい物件を購入して、次の住まいに引っ越しをし、現在の物件を売却するという流れで特に問題は発生しませんが、住宅ローンがまだ残っている場合は購入と売却のタイミングが大切です。現在の住宅ローンを返済しておかなければ、新しい住宅ローンを組める金額が減ってしまうため、先に現在の物件を売却して住宅ローンを返済し、新しい物件を購入するという流れになります。その場合、売却と購入のタイミングがずれてしまうと、仮住まいへの引っ越しという無駄な費用と労力が増えてしまうことになります。住まいの売却と購入のタイミングは運が作用するところも大きいですが、売却も購入も同じ不動産業者に依頼すれば、タイミングのアドバイスやある程度の時期的操作をしてくれるようです。